こんにちは。
毎日暑い日が続いていますね。

いかがお過ごしですか?

さて、私事ですが

78歳の義父が その生涯を全うしようとしています。

サロンに来てくださったお客様は、みかけたことがあるかもしれません。

外で、仕事をしていたおじいちゃんです。

今、家族みんなで、支えています。

いつも夕食のとき、お酒をコップ一杯飲んだ義父も

もう、大好きなお酒を口にすることもありません。

一日の大半を病院のベッドで寝ています。

もう、テレビで大好きな野球を見ることもないです。

義父のベッドのそばで

静かな 静かな

時間が流れています。

この感覚は、

子供たちが赤ちゃんだったころ

眠っている時、傍についていた感覚に似ています。

静かにすやすや眠っている。

おむつをして、すやすや寝息をたてている。

 

昨日は、岐阜から義父の兄弟姉妹がかけつけてくれて

病院のベッドの周りに 椅子が5つ。

みんなが義父の身体をさすり、

なんだか少し元気になったようでした。

 

義父から学んだこと。

死を迎える段階になったとき、自分のベッドの周りに

かけつけてくれる人のいるしあわせ。

かけつけてくれる愛する人を大切にしたい・・・。

今年の夏は、とても静かな・・

静かな夏です。